[転職で年収アップ!]介護・福祉関連の求人情報サイトの活用方法!(介護福祉士、ホームヘルパー、ケアマネージャー、派遣)

面接の基本的なアドバイス

就職試験の面接は自分を担当者に対して売り込むことが大切です。
面接はどのような点に気をつけてしたほうが良いのか、
インターネット上には、様々な面接のアドバイスがあるのですが、
詰め込みすぎは、かえって緊張を誘います。

なので、基本的な事からです…
まず、相手の目を見てはっきりと話すことということが、
面接でよくあるアドバイスにはあるでしょう。

しっかりとした発言内容だとしても、自己アピールしている時に
目をそらしてしまったり、うつむきがちになってしまっては、台無しだと思います。

性格上、シャイだったり自信がなかったりして、しっかりと面接官の目を見ることが
できなかったとすると、相手に「この人は、自信がないんだな」とすぐに悟られてしまいます。

心がけたいのは、自分を必要以上に大きく見せようとは思わず、
誠実で一生懸命に答えることです。

多少、滑舌が悪かったりしても、伝えたいという気持ちを前面に出して話す方が
熱意が伝わりやすいものです。

また、面接では明るく明朗な受け答えを心がけることも重要です。
笑顔ではきはきしている人は、「この人は、職場を明るくしてくれる」という印象を
持ってもらえます。

今までのさまざまな経験や実績を並べて自分を売り込もうとする人もいます。
実際に会社側が知りたいことは、今後過去の経験をどう生かしていきたいと
思っているのかということです。

一番、やってはいけない事はなにか。
それは、必ず聞かれる質問で、「なぜ、前の職場をやめようと思っているのか」
という質問をされた時に、過去の職場の愚痴にちかい言葉を言ってしまう事です。

例え、どんなに理不尽な上司だったとしても、面接の場では、
自分の向上心を全面に出すようにして、けっして愚痴を言ってはいけません。
単に、愚痴っぽい人だというネガティブな印象しかもたれないからです。

それよりも、過去の経験を以下に未来に繋げていけるかを話した方が建設的で良いでしょう。

また、面接時には健康的な印象を相手に与えられるよう、背筋を伸ばし、
聞き取りやすい声量で話すよう心がけましょう。

相手に与える印象は、いくつかの面接時のアドバイスを守るだけでも、大幅に異なるものです。

[転職で年収アップ!]介護・福祉関連の求人情報サイトの活用方法!(介護福祉士、ホームヘルパー、ケアマネージャー、派遣)

このページの先頭へ