[転職で年収アップ!]介護・福祉関連の求人情報サイトの活用方法!(介護福祉士、ホームヘルパー、ケアマネージャー、派遣)

派遣と紹介派遣について

最近では、派遣社員を採用する会社が多くなりました。
介護・福祉関連のお仕事でも派遣社員の求人はたくさんあります。
当然、正社員として採用するところも多いのですが、派遣だとしても仕事の内容は変わりません。

派遣社員であっても、仕事の上、派遣社員である事を意識する必要はないと考えて良いと思います。
施設などにいらっしゃるお年寄りの方々にとっては、正社員と派遣社員の区別はないからです。

派遣社員が増加した背景には、以前に比べ改善はされてはいるものの介護職としての厳しい職場環境があり、それぞれの事業所の雇用事情があるのです。
そうした中で、比較的柔軟に対応できる派遣社員の需要が増えているのです。

また、最近、利用者の多い紹介派遣のような制度を利用して、派遣社員としてしばらく働き、
腰を据えて正社員として働きたい場合は、後から正社員としての雇用形態に
切り替えてもらうといった事ができます。

当然、雇用主側も正社員になってもらいたいとの意向も踏まえたかたちになるのですが、
この「紹介派遣制度」の利用は、トライアル期間という感覚で、職場を選べるため
介護職のみならず多くの職種で利用されている制度です。

 

[転職で年収アップ!]介護・福祉関連の求人情報サイトの活用方法!(介護福祉士、ホームヘルパー、ケアマネージャー、派遣)

このページの先頭へ